オナニー

入院中のオナニーバレない?病院で性処理・気を付けるポイントは?

fjk4346j8HG
PRを含む場合があります

入院中は、どうしても暇になってしまうことが多いもの。

そんな時は、ついオナニーをしたくなるものです。

バレたらまずい。そう思うからこそ、余計にしたくなってしまいますね。

入院中のオナニーや病院での制処理、バレないように気を付けるポイントについて詳しく紹介。

気になる人は、ぜひご覧ください。

 

入院中はオナニーする?

 

入院中のオナニーですが、実際には案外している人が多いです。

特に長期入院をしている場合、その病状や理由にもよるのですが、ずっと我慢し続けるというのは難しいですよね。

 

また私自身も経験があるのですが、退院が迫った時期になると、気力や体力を持て余してしまうことがあります。

一日中院内をフラフラしても、つまらないですよね。その結果、そろそろ良いかなとオナニーをしてしまう人も多いです。

入院中にオナニーをするというのは、特におかしなことではありません。

何より、三大欲求の一つなのですから。そこは安心してくださいね。

 

入院中のオナニー方法

 

入院中のオナニーは、周りの人にバレないように行う必要があります。

自分の家ではないですし、人に見られてしまうリスクも高いですね。

特に4人部屋など他の人がいる環境だと、余計にバレやすくなってしまうので注意しなければなりません。

 

オナニーをすること自体が悪いわけではないのですが、やはりバレると気まずいですよね。

では、入院中にオナニーするにはどうすれば良いのか、コツなどを紹介していきます。

 

病院のトイレでオナニー

 

まずは、トイレでオナニーをする方法です。

特に複数人と同じ部屋で生活をしている場合、ベッドでオナニーをするのが難しい場合もありますよね。

そんな時でも、トイレなら個室があるのでオナニーをしやすいです。

 

しかし注意しなければならないのが、病院のトイレは特殊だということ。

例えば、検査室と繋がっていて物音が向こうに聞こえてしまうこともあるのです。

男女どちらも、オナニー中に声や音が出てしまうことってありますよね。

そんな時に、検査室の人にバレてしまった……なんてことも。

そうならないように、しっかり構造についてチェックしておきましょう。

 

また、病院には優先トイレが設置されていますよね。

体の辛い人や障がいのある人、妊婦さんなどが優先のトイレなので、優先トイレを利用するのはやめましょう。

 

病院の部屋でオナニー

 

入院中は、病院の部屋でオナニーをする人が多いです。

そもそもの話、うまく動けないという人も。

移動に車いすが必要、体力が落ちているので歩くのがしんどい。

さまざまな理由がありますよね。

 

しかし、手や指が動くのであれば、やっぱりオナニーがしたくなってしまいます。

そこで、病院の部屋でついしてしまうという人が多いのです。

 

完全個室なら、医師や看護師が来るのに気をつけていればそこまで問題はありません。

ただし大部屋の場合はバレやすいので、しっかり対策をして行うようにしましょう。

 

入院中のオナニーバレない?気を付けるポイント

 

暇だからこそ、ついオナニーをしたくなってしまう入院生活。

しかし、当然ですがオナニーをしているのをバレたくはないですよね。

最悪病院や他の患者から指摘されてしまうと、とても恥ずかしい思いをしてしまいます。

 

入院中のオナニーをバレずに楽しむためにも、気をつけるポイントをしっかり抑えておきましょう。

 

入院中のオナニー①後処理に気を付ける

 

オナニーがバレてしまう理由の一つとして、不十分な後処理が考えられます。

特に病室でオナニーをする場合、男性はティッシュなどに射精したり、拭き取ることになります。

そのティッシュを大量にそのままゴミ箱に捨ててしまうと、掃除の方にバレてしまいますね。

 

また、そのティッシュから出る臭いで、同じ病室の人や医師・看護師にバレてしまう可能性もあるのです。

病院でティッシュのゴミが出るのはおかしいことではありません。

むしろ、この臭いでバレてしまうことが多いのです。

 

そのため、できればポリ袋などに入れてから捨てるようにしましょう。

ポリ袋はちょっとしたゴミを捨てたり、身の回りの物をまとめるのにも便利ですね。

入院中前に用意しておく、もしくは売店で購入することをおすすめします。

 

入院中のオナニー②場所はトイレがおすすめ

 

入院中のオナニーは、バレにくいトイレがおすすめです。

個室がありますし、使用したティッシュなどはそのまま流すことができるからです。

 

また、できれば音姫など音に配慮したシステムがあると良いですね。

特に男性がフィニッシュする時は、ペニスを激しくしごく人が多いです。

その時病衣がこすれて、音が出てしまうことも。音姫があれば、よりバレにくくなります。

 

入院中のオナニーでトイレを使用する場合は、院内に良いトイレを見つけることもちょっとしたポイントの1つですね。

 

入院中のオナニー③他の患者さんや看護師さん気づかれないように

 

バレないようにするためには、まず音に気をつけるようにしましょう。

特にイヤホンをつけてのオナニーは要注意。音もれしていても、気付かないことが多いからです。

 

そして、周りの音にも気付くことができません。

くちゅくちゅという音、シーツをこする音などが聞こえてバレてしまう可能性があります。

最近は周りの音が聞こえるようなイヤホンもありますが、シーツの音などは聞こえにくいですよね。

 

これは、実は結構あるある。

入院中、特に男性の大部屋でアダルトビデオの音が漏れていたり、深夜にシーツのこすれる音が聞こえたりすることがあります。

一発でバレてしまうので、注意しなければなりません。

 

また静かにオナニーをしていても、臭いでバレてしまうこともありますよね。

特に男性の精液は、独特の臭いを発します。

本人は慣れていて気付かないけれど、周りからすると結構臭う……なんてこともあります。

 

入院中オナニー回数が増えることも

 

入院中、人によってはオナニー回数が増えてしまうことがあります。

スマホなどが使えるとはいえ、どうしても暇ですよね。

外に出歩くことができないモヤモヤもあると思います。

 

人は、イライラしている時や寂しい時にオナニーをする傾向があります。

欲求不満になっている時だけではありません。

入院中は、まさにオナニーをしやすくなってしまう時なのです。

 

実際に話を聞いてみると、入院中トイレなどでこっそりオナニーをしているという人は多いです。

こればかりは本能なので止めることができません。

 

ただしバレると恥ずかしいですし、知った人も気まずいですよね。

そのため、入院中にオナニーをする際にはバレないようにしましょう。

 

入院中のオナニーバレない?病院で性処理・気を付けるポイントは?まとめ

 

入院中のオナニーバレない?病院で性処理・気を付けるポイントは?まとめ

入院中にオナニーがしたくなってしまうというのは、変なことではありません。

むしろ普通なことです。

しかし、家とは違い周りにはたくさんの人がいます。

そのため、バレないようにしっかり対策をした上でオナニーを楽しみましょう。

また、ご自身の体の調子なども考え、無理せず楽しんでくださいね。

おすすめ記事

error: Content is protected !!
記事URLをコピーしました